ナインスゲート

Johnny Depp と Roman Polanski 監督による、オカルトミステリー。 Johnny Depp は今回静かな渋いインテリを演じきっています。 LUCKY STRIKE をパカパカ吸いながら本の鑑定をするあたりが良いです。 以前にDVDで観ていたのですが再び観ても独特な世界に引き込まれてしまいました。

価値のある本を探し出す探偵のような仕事をしている主人公 コルソ(Johnny Depp)のもとに、現在世界に3冊しかないという『影の王国への9つの扉』のうちの一冊が持ち込まれ、鑑定の依頼を受けヨーロッパに渡り、他の2冊を調査する中で、あることに気付き始める。この本は悪魔の儀式書(召喚書?)みたいなもので、謎を解明していくうち次第に悪魔に取り憑かれていく。

途中で度々コルソの手助けをする魅力的な女性 Emmanuelle Seigner が現れる。実は彼女はポランスキー監督(1933年生まれ)の奥さん(1966生まれ)らしいんだけど、男の側からしてみればこの年の差は正直うらやましい。しかも、本当に30代なのか?ぐらい若く見え、悪魔的に美しすぎる。コルソをナインスゲートの謎に導いていく彼女は悪魔の手先なのだろうか?その辺の謎めいたところは本物の9枚目の挿絵によって、最後の最後で分かるような分からないようなってな感じでしょうか。

全体を通して重たい雰囲気で最後まで引っ張りますが、ポランスキーの奥さんが上階からふわぁ~と舞い降りるシーンがありまして、このシーンだけはどうなんだろ?と思います。しかしながらやはり全体を通して見てみるとこの映画気に入っています。

余談だけど、子供の頃ポランスキー監督の「ローズマリーの赤ちゃん」を観た夜、怖くて眠れなかったのを思い出してしまった。

[The Ninth Gate] スペイン・フランス 1999

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。