愛の嵐

元ナチスの親衛隊員の男マックス(Dirk Bogarde)とユダヤ人のルチア(Charlotte Rampling)との歪んだ愛の物語。戦後偶然再会した二人が激しい”愛”に溺れる。とにかくぼかしの多い映画です。でも最後は悲劇的な終わり方をするんですよね、これがまた。

この映画最初に見たときは確か高校生の時だったかな、単にポスターに引かれて見たような覚えがあります。日本で初公開された当時はあまりにも激しいSEX描写の為、カットされた部分がたくさんあったらしく、最初に見た時は確かそんな感じでした。私が大学当時、ノーカット版が出ていたのを覚えています。

[The Night Porter] イタリア 1973

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。