三ツ矢サイダー

午後から雨だったのでボケ~っとCMを見ていると、三ツ矢サイダーのCMの冒頭右側縦に兵庫県川西市平野と言う文字が映っていた。

なんでかって言うと…、下のアサヒ飲料のニュースリリースは去年のものですが、三ツ矢サイダーは兵庫県川西市平野(兵庫県多田村平野)の地から湧き出る炭酸を含んだ源泉をボトリングし1884年(明治17年)に「三ツ矢印平野水」として発売されたのが始めなんですよね。しかもミネラルウォーターとして販売されたのは日本初のことでした。

アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 荻田 伍)は、兵庫県川西市の市制50周年を記念したデザインの記念ボトル「三ツ矢サイダー PET500(川西ボトル)」を、川西市を中心とした周辺地域にて7月21日(水)より新発売します。

去年の夏に無意識に飲んでるような気がする。
ちなみに三ツ矢のネーミングは源氏の祖である源満仲の伝説からとっているようです。
まぁ昔子供の頃に、ばぁちゃんに聞いた話の受け売りですが…。
子供の頃、平野のホームセンターの近くに確か三ツ矢マークの入った建物がありましたよ。今でもあるのかな。

多田と言えば、満仲の子供の頼光が大江山の酒呑童子を退治したって話がありますよね、その時に使われたとされている「鬼切丸」がいまも納められている多田神社のほうが有名なのかな。
まぁ俺の車のお祓いはその多田神社でしてもらっているんですが、いまいち効き目なかったのかな。それとも事故してもひどい怪我にはなっていないという点では効き目ありなのか?

弓矢の話や清和源氏についてはこのへんを読むとわかりやすいですね。萩原、鼓ケ滝、矢問などは確かに地名に残ってます。いまでも全部、阪急バスの停留所名に入ってます。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。