Linux設定覚書:wli-cb-g54

どうもkernel2.6からはkernelのドライバを使った方が良いらしいので

  1. PCCARD (PCMCIA/CardBus) support
    <M> PCCard (PCMCIA/CardBus) support (CONFIG_PCCARD=m)
    <M>16-bit PCMCIA support (CONFIG_PCMCIA=m)
    [*] 32-bit CardBus support (CONFIG_CARDBUS=y)
    <M> CardBus yenta-compatible bridge support (CONFIG_YENTA=m)

    Wireless LAN (non-hamradio)
    [*]Wireless LAN drivers (non-hamradio) & Wireless Extensions (CONFIG_NET_RADIO=y)

    PCI Hotplug Support
    <M>Support for PCI Hotplug (CONFIG_HOTPLUG_PCI=m)

  2. カーネル再構築。
  3. 新カーネルで起動。
  4. 最新のndiswrapperのsourceをダウンロード。
  5. debian/rules binaryでndiswrapper-modulesとndiswrapper-utilsを作成後インストール。
  6. driverをメルコのサイトからDownloadしてくる。
    とりあえず~/wli-cb-g54に展開。
  7. ndiswrapper -i ~/wli-cb-g54/CBG54/netcbg54.infで登録。
  8. ndiswrapper -lで確認。
    (間違えた時はndiswrapper -eで外す)

    注意としては上のndiswrapper -iでnetcbg54.infを指定するときにbwcdrv.sysを勝手に/etc/ndiswrapper/netcbg54/に持っていっちゃうのでbwcdrv.sysを削除。
    これで数日ハマった。
    最初っからbcmwl5.sys + netcbg54.infだけをディレクトリにまとめといた方が良いかも。

  9. ndiswrapper -m
    (moduleを自動でロードする為に/etc/modprobe.d/ndiswrapperを自動作成。)
  10. update-modules
  11. modprobe ndiswrapperでロード。
    この段階でLANカードのPowerLEDが点灯。
  12. /etc/network/interfacesを編集。
    auto wlan0
    iface wlan0 inet static
    pre-up modprobe ndiswrapper
    post-down rmmod ndiswrapper
    wireless_keymode restricted
    wireless_key <KEY>(16進数で、文字列の場合はs:の後に記述)
    wireless_essid <SSID>
  13. /etc/init.d/network restart

で設定完了。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。