『BLOOD+』

土曜日の午後6時から『BLOOD+』っていうアニメーションがMBS系で放映されています。今日ちらっとオープニングを見てみると、音楽プロデュース:Hans Zimmerの文字が…。

Hans Zimmerっていえば、ハリウッドでは有名な音楽プロデューサーですよ。「Rain Man」とか、「Driving Miss Daisy」、「Green Card」、「Backdraft」、「True Romance」、「M:I-2」、「Gladiator」、「Pirates of Caribbean」、最近では「The Last Samurai」、「Pearl Harbor」などなど。挙げ始めたらキリがありませんが、実は俺の好きな映画ばっかりだったりします。

本編を見てみると確かに音楽は重みがあって、アニメとは思えん。
音楽だけで見てしまいそうな予感。
元々、フルデジタルの劇場版『BLOOD THE LAST VAMPIRE』が2000年に公開され話題になった作品です。ジェームズ・キャメロンやタランティーノが褒めちぎってましたよ、確か。このアニメーションが始まる前に、深夜に放送されていたので、録画しておいたものを見ましたが、音、映像ともかなりクオリティーが高かったのを覚えています。
制作は劇場版に引き続き、「KILL BILL」や「攻殻機動隊」でおなじみの「Production I.G」が手掛けています。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。