トヨタ車専門の国際窃盗団を再逮捕、PCソフトで鍵を複製

トヨタ車専門の国際窃盗団を再逮捕、PCソフトで鍵を複製 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
5人は、「ドバイの社長」と呼ばれるパキスタン国籍の男から日本人ブローカーを通じて指示を受けていたという。車の鍵型を割り出すのに必要な、トヨタ自動車の極秘の乱数を入手し、パソコンソフトで分析して鍵を複製。2006年5月から昨年12月までの間、首都圏を中心にトヨタ車約300台(約5億円相当)を盗んだとしている。

なんというお粗末な…
キー差し込み口あたりに書いてある5桁の数字と「極秘」の乱数があれば、専用のパソコンソフト上で鍵型が表示されるらしい。
確かに差し込み口あたりに数字書いてあるなぁ。
パソコンソフトっていうのがトヨタ純正なのか、窃盗団お手製なのか?「極秘」であるはずの乱数が盗まれたのか流出したのかはしらんが、ソフトも同じように盗まれたか流出したんじゃないだろうかなぁと思ってみたり。

それにしても車外から見える位置に、そんな大事な情報を書いちゃうメーカーって何を考えて物作りをしてるんだと…
「スペア作るのに便利だし、乱数さえなかったら無意味な数字だから大丈夫だろう」と、安心してたんだろうなぁ。
誰も反対しなかったんだろうか…それが謎。

とにかくこれに関連する窃盗事件はトヨタの責任なんじゃないの?
ユーザー側には落ち度もないだろうし、5桁の数字さえ書いてなかったら盗まれなかった車が少なくとも300台あるわけだから。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。