地デジ導入

パソコンに地デジチューナー(GV-MVP/HX2)を挿してみました。

地デジ導入

春頃から視聴可能エリアに入っていたのですが、別に必要ないかなぁと思ってたんだけれど…
よくよく考えてみれば、ゴーストがのらないし、ノイズも基本的にのらんということは…NHK教育とサンテレビの映りが良くなるってことか。という考えから導入決定。PCのスペック的には厳しいものがあるのですが、少々のコマ落ち程度なら気にならんのでOK。チャンネルの設定が出来なかったり、映像が表示されなかったりという書き込みがネットには多いのですが、ウチではすんなりチューナーのチャンネル設定も済み、快適に表示されてます。たまにコマ落ちしてますがね…録画も試してみましたが、裏でブラウザを起動したり、フォルダ操作をしたぐらいではほとんど影響がないみたい。
CPUはPentium4の3GHzだから、実用レベルではギリギリのスペックなのかな。メモリは2GB、グラフィックボードはGeForce8500GT、この辺で少し助けられてるのかも。液晶はしっかりとHDCP対応の1920×1200だから問題なし。

しかし、地デジ地デジと言ってるけど…例えば、今日みたいにニュースにクリスマスイルミネーションが映し出される時とか、桜が散る時、紙吹雪が舞うシーンは、どう考えてもビットレートが足らなくなってブロックノイズがヒドイ。こんなもんなんですかね、地デジって所詮。実はウチの電波状態が悪いだけだったりして…

でも解像度も実は1440×1080でテレビ側で横方向に引き伸ばしているらしい。フルHD(1920×1080)パネルを採用した少しお値段高めのテレビを買ったところでBlu-rayとかBSデジタル放送とかじゃないと、本当の意味で本領発揮出来ないわけか…

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。