無線LAN環境を一新しました

NEC DIRECTのポイントが1万ポイント弱あったのですが、今年末で期限切れとなるので何に使おうかと…

木造の1階と2階間の無線LANを802.11n環境へと移行してみるかと思い、NEC DIRECTのサイトで商品検索。なぬ~狙ってる商品が品切れやん。しかもオイラが狙ってたのはNECの製品だぞ!!何気にほかの周辺機器を見てみると、品切れ続出。まぁこの品揃えの悪さは今に始まったことでもなさそうだなぁ…せめて自社製品ぐらいは常に在庫ありにしておけばいいのに。
あぶちゃんがちょうど外付けのHDDが欲しいと言っていたので代わりに購入して、オイラは狙ってる商品を他店で購入しました。

その商品とは、NECの「Aterm WR8300N」という機種。
Aterm WR-8300N

こいつは「Aterm WR8500N」から802.11aを省略したバージョン。それだけではなく機能的には「Aterm WR8500N」では使えない暗号化方式「WPA2-PSK(TKIP/AES)」が使える。そしてもちろん流行りの二つのSSIDを使って異なる暗号化方式が使える「マルチSSID」にも対応しているので、PCなどは「WPA2-PSK(TKIP/AES)」で接続し、「WEP」にしか対応していない「Nintendo DS lite」のようなゲーム機などは「WEP」で接続ってことが出来る。しかも「マルチSSID」を使ったネットワーク分離機能も使えるので、例えばセカンダリのSSIDを使ったWEP接続の端末からは、プライマリSSIDを使ったWPA2-PSK(TKIP/AES)接続のPCなどへはアクセス出来ないようにすることも可能。
なんといっても802.11nが使えるので電波の飛びが違うだろうと。

そして2階には子機(イーサネットコンバーター)としてBUFFALOの「WLI-TX4-AG300N」を選択。
WLI-TX4-AG300N

というよりも…ほぼこれしか選択肢が無い。ノートパソコンは良いとしても、2階にあるデスクトップ同士の接続に関しては速度的に無線LANを介したくないので。ただこの機種は有線LANが1000BASE-Tに対応してないんだよなぁ。でもまぁ。そんな大きなファイルなんて滅多にやり取りしないからOKです。

待ちに待った商品が昨日届きました。Amazonで「PA-W8300N」が7900円、「WLI-TX4-AG300N」が8081円でした。

さっそく設置する前に2台並べて、それぞれ交互に有線接続して各種設定。
NECの無線ルータ「PA-W8300N」は、ルータ機能と無線LANの設定ともに何の問題もなく終了。

BUFFALOの「WLI-TX4-AG300N」がひと癖ありました。というかマニュアルがなんとも…
設定画面を出す為に割り振ってあるであろうIPアドレスがわからない…
後々の事を考えるとAOSSだの何だの自動設定は使いたくないので有線LAN側から手動で設定していたのですが、やれ「LAN端子用 無線子機設定ツール」をインストールしろだのなんだの…そもそもお前のIPアドレスは何じゃ!!と深夜に叫びたくなりました。付属のCDに入っているマニュアルが無線LAN製品共通なんでしょうね。一応それぞれの製品向けの情報は入っているのですが、親切とは言えないかなぁ。
WEBサイトにもまったく同じものがあるので参考に

エアステーション設定ガイド

で、見たかった情報はコレ

さぁ、トップページから入って、目的のページを探せますか?

実際はググってココココを参考にしたんですけどね。
あと最大300Mbpsモード(40MHz)に切り替える、何じゃコラってぐらい小さい倍速スイッチってのが本体の側面にあったのも、最後に気付きました。設定画面だけ見てたら絶対に最大144Mbpsモード(20MHz)のまま使ってたなこりゃ…

そして草木も眠る丑三つ刻…
やっとのことで設定終了し、設置作業完了。

木造2階の端末からネットの世界へ。
おーっ!!こりゃ速いわ。
WLA-G54の802.11gで接続していた数時間前と比べると格段の差。
eo光の測定サイトで調べると、下り速度 55.41Mbpsも出てるし。
今までは…恥ずかしくて言えません。無線LAN環境がショボかったんだなぁと改めて実感。
ちなみにDS lite(無印のIEEE 802.11)や初代PSP(IEEE 802.11b)でネットに接続しても、今までは部屋の場所によって通信が途切れることがあったのですが、現在はとっても安定しています。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。