Ubuntu 10.04

年初めに新しいマシンを作った時に、以前のCPUやらメモリ、HDDなどを使ってサブマシンを作っておいたんだが、今まで放置。

なんか勿体ない気がしてきたので、ワールドカップ南アフリカ大会にちなんでUbuntuを入れてみた。
たんに他のをいれるのが面倒くさかっただけかも…

インストールはあっという間に終わり…
って、やっぱりまだrootのパスワードは設定しない主義なのね。これがいっつも違和感あるんだよなぁ。
それはさておき起動させると、Ubuntuだと一目でわかるGnomeデスクトップがあっさり立ち上がる。

まずは、いちいちD-sub(Ubuntu側)からDVI-D(Windows 7側)に液晶を切り替えるのが難儀なので、ubuntuにsshサーバーを入れてちょこっと設定ファイルを弄って、Windows 7からTera Termをつかってログインできるようにした。

そして、お決まりのsambaを入れてみた。
久しぶりだったので設定の仕方をガッツリ忘れてた。
なんとかsmb.confを設定し終えたまではよかったが…
最後にinit.dの中のsmbサービスをrestartさせようと思ったら、ありゃ、怒られたぞ…

Upstart は Edgy Eft 以降の Ubuntu に sysvinit の代替として含まれている。Upstart は現在 cron や anacron および at などが担っている役割をも視野に入れており、さらには inetd の役割も可能ならば含めようとしている。Karmic Koala以降はそれまでのsysvinit互換モードからネイティブモードへ移行した。

引用元: Upstart – Wikipedia.

あれまぁ~、initからupstartに変わってるのね。

今度はWindowsのエクスプローラーからsambaサーバーにログインできねぇ~と思ってたら、smbpasswdでsambaユーザーのパスワードを追加するの忘れてました。まったくもって阿保です。でも、たしかsmbpasswdに代わるコマンドがあったような…と思ってググったら、pdbeditってコマンドが出てきた。

Samba 3.0系列では、実際の認証方式の違いを意識することなくアカウントの追加、変更などの各種操作を可能とするため、pdbeditというコマンドが新たに用意されています。
引用元: @IT:Samba 3.0の全貌 改訂版[後編](3/3).

ほほう、コイツを使えばいいわけか。

pdbedit -a username

で、エクスプローラーから無事に接続完了。

今回はsamba3系をインストールしたのでログインできましたが、samba2系を採用しているNASなんかにログインするには、あとひと手間かかるみたい。「windows7 samba」というキーワードでググったら、アクセスできないという記述が最初からひっかかる。これは以下のVistaのパターンと同じ。

ここで1つ問題となるのが、VistaとSambaの接続性だ。NASがSambaの最新版であるバージョン3系を利用している場合は、Vistaで接続できる。しかし、古いバージョン2系を利用している場合は、デフォルトでは接続できない。これは、Vistaで使われるパスワードの送信方法が、古いバージョンのSambaでサポートされていないためだ。

引用元: サクッとおいしいVistaチップス 19枚め:Vistaで接続できないNASに対処する – ITmedia +D PC USER.

なんか今回、すっかり浦島太郎状態でした…

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。