高速道路の標識、「ヒラギノ」書体に iPadと同じ

東日本、西日本、中日本の各高速道路会社(NEXCO)は、高速道路の案内標識に使ってきた独自の書体を、米アップルのiPad(アイパッド)などに採用されている市販のものに変えることを決めた。高速走行中でも見やすく、バランスが良いという。書体の変更は、1963年に国内初の高速が開通して以来、初めて。

引用元: asahi.com(朝日新聞社):高速道路の標識、「ヒラギノ」書体に iPadと同じ – 社会

確かに「ヒラギノ」は読みやすいけど、高速道路の標識は今現在の独特なフォントの方が好きだなぁ。

省略しすぎという意見があるみたいだけど…
高速道運転中の自分を思い浮かべてみて、ふと思ったんですが、

意外にローマ字部分を読んでませんかね?

地名に使われている漢字には特殊な読みをするものが多いので、かなりの割合でローマ字部分のお世話になってる気がします。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。