日立、HDD事業をWestern Digitalに譲渡

株式会社日立製作所は7日、HDD事業を米Western Digitalに譲渡することで合意し、正式契約を締結したと発表した。 日立グローバルシステムテクノロジーズHGSTは、日立がIBMのHDD部門を20億5,000万ドルで買収して、2003年に設立したHDD/SSDの専門会社。今回の事業譲渡により、Western Digitalは日立の100%子会社であるHGSTの全株式を、現金35億ドルおよび株式2,500万株7億5,000万ドル相当で買収し、100%子会社化する。

引用元: 【PC Watch】 日立、HDD事業をWestern Digitalに譲渡

なんと…

最初に自作PC を組んだときに買ったのが IBM の HDD で、その何年か後に HDD が逝ってしまわれたときに買い換えたのが、HGST(日立グローバルシステムテクノロジーズ)の HDD だったかなぁ…その後、HDD を増設するときに BIOS の段階で認識しないハズレを引いちゃって、それからは HGST の HDD は買ったことがなかったり。RMA 保障がないってのもね…

でもって、その後 Seagate(後に Seagate 合併した Maxtor の HDD も使ったなぁ…)に乗り換えたんだけど、数年後に買った HDD がダメダメなファーム事件に巻き込まれて、結局のところ…データ保管に最近使っている HDD は Western Digital だったりする。

そういえば、今データ保管用に使っている Western Digital の HDD も実は曰く付きだったり…

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。