原発関連の会見

いつまでたっても…

原発に関するQ&Aまとめミラーサイト東大原子力系卒業生および有志協力チームから原子力まとめ)」のような説明がなぜ出来ないのか…

具体的な数値をあげつつ、それを分かりやすい言葉で”国民に向けて“発信してくれよと…数々の会見の内容をみていると、一般国民に向けて発信している内容ではないですよね。どう考えてもデマの元になるネタを提供しているようにしか思えない。

なぜ官房長官、東京電力、原子力安全・保安院がそれぞれ同じような内容のために別々に会見するのか?3か所から発信するのなら、それぞれの特色を生かした発信の仕方が出来ないものか…昨夜おこなわれた準備不足な輪番停電の会見といい、関連機関の足並みが揃ってないのモロバレじゃないか。
結局のところ、災害時に備えた予行演習の考え方を改めない限り、いつまでたっても災害が起こるたびに同じことが繰り返される可能性がある。事前準備した予行演習ってのは上手く出来て当たり前で、突如襲ってくる常識の範囲外の災害に備えて準備しないと意味がない。

海外の報道各社のサイト(CNNBBCなど)を見ても明らかなとおり、ショッキングな地震と津波の報道の後、日本以外の人々でさえ日本から発信される原発関連のニュースに注目しているのがわからないのでしょうかね?

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。