カテゴリー : COMPUTER

どうもJavaが原因でFirefoxが落ちる

ここんところ、Firefox2とFirefox3Beta5の両者ともで、ブラウジング中にJavaの使われているページを閲覧しようとすると、フリーズして二進も三進もいかなくなっていた。具体的には、Yahooオークションのオークション終了時刻までのカウントに使われているJavaアプレットなんだけど。

まぁ、普段はJava自体切っているので関係ないし、Firefox3は試しにインストールしてアドオンの対応状況をみている状態だから仕方ないとして、たまにでもFirefox2がフリーズするのは…と思いつつ調べてみると、MozillaZine.jp フォーラムに「あるリンクをクリックするとフリーズします。」というトピックを発見。そこからさらに「JREについて」というトピックを発見。Java Runtime Environment (JRE) 6 Update 5ではFirefoxでフリーズ問題が発生し、Java Runtime Environment (JRE) 6 Update 6ではフリーズしないようになっている模様。

早速Java Runtime Environment (JRE) 6 Update 6をダウンロードしてインストール。
確かにフリーズしなくなった。

ツライチUSB2.0

AREA のUSB2.0カードバスカード「ツライチUSB2.0(SD-CBU2-Z1)」ってのをご存知でしょうか?

ノートパソコンのカードスロットにピッタリおさまり、あたかも最初っからそこにUSBポートがあったかのように使用することが出来るという代物。無線LANカードにしろ何にしろ、こういうスマートなのって今まであんまりなかったんだよね。そりゃ有線LANなんかだとポートの形状上、物理的に無理だけど、無線LANカードなら可能なんじゃないかと。普段はアンテナをカードの中に格納しておいて、使用するときに取り出すとか。

それはさておき、このカードはネーミングの妙も手伝ってか大人気のようで、売り出した直後に売り切れ続出。ネーミングだけで言えばCENTURYの「裸族シリーズ」に軍配があがるのかも知れませんが…弟の嫁さんもウケてましたし。アキバによく出没するという弟に頼んで見てきてもらったのですが、「売り切れだったよ…」の連発。通販で買ってもいいんだけれど、そもそも在庫がないし送料がねぇ。でも4月に入って再出荷が始まったのか、ちょろちょろ見かけるようになりました。そしたら、4月末にアキバを物色中の弟から「あったど~!!」のメール。5月のはじめにウチに持ってきてくれました。

で、装着したのが下の写真。

もともと、このCF-R3にはUSB2.0ポートが2つしかなかったので、これからはとても重宝しそうです。

Logicool MX610 の調子が悪い

数ヶ月前からワイヤレスマウスの調子が異常に悪く、でも「そろそろサポートに連絡するかぁ。」程度のことしか考えてないヤル気まったくなし状態だったので、Logicoolのwebサポートでユーザー登録して質問を書いておいた。

症状としては、USBレシーバーの接触が悪く、たまぁ~にマウスが無反応になってしまう。USBレシーバー自体の接触が悪いのか、どのポート、どのPCに挿しても同じ状況。そして、クイクイっと指でUSBレシーバーをいじってやると、機嫌が良ければマウスポインタが動き出す。

その返事が、ほぼ一ヶ月して返ってきた…投稿日は3月28日だからね。
「まずは、ご返信が大変遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。」とは書いてあるものの理由が書いてない。普通に考えて1ヶ月もかかるのか、激しく謎…

FAXで保証書と送り先住所などを送れば、先に代替品を送ってきてくれるらしい。これまた保証書と販売店シールを置いといて良かった。買ったのが去年の5月で、てっきり保証期間は1年だと思っていたら、実は5年だった。
今度のも調子悪かったらど~すんだろ?

MicroDIMM PC2700 DDR SDRAM 172Pin 256MB

Let’s note R3用のメモリなんですが、これまた安価で落札しちゃいました。

なんと3001円!!

しかも型番を見るかぎり、Panasonicのいわゆる純正メモリってやつです。

オークションの隅から隅まで見て、目星をつけた商品をウォッチリストに登録しておいて、「思った金額以上は入札しない」を守ると、やっぱり結構お得な買い物が出来ますね。ムキになってギリギリまで入札合戦を繰り広げることになると絶対に損しちゃいますよね。

512MBは落札相場が1万円前後なので、ちょっともったいないかなと。デスクトップ用なら、PC2-6400(DDR2-800)の2GB(1GBx2)が4,000円以下で手に入るご時世ですから、そっちに投資したほうが良いかなと。

今はオンチップで256MBを積んでいて、Windows2000なのでメモリの使用量を見ていると、起動直後で100MB前後は余っている状態なんですよね。もしWindowsXPを入れたとしても、合計512MBもあれば十分かなと。現状でもDivXやMPEG動画、それにDVDの再生なんかも余裕でこなしているので、心配ないでしょう。

予想外…

もうかなり前から、古いのでも構わんからモバイルノートが欲しいなと、オークションなどを見てまわっていたのですが…

HDD要らんし、メモリは後から足しても構わんし、OS要らんし…ジャンクしか有り得んなこりゃ…って感じで、まぁそんな条件のもと、かれこれ1年ぐらい探してたんです。何件か入札した事もあるんですが、やっぱりたとえジャンクでも質が良いと価格も上がるわけで、思っている以上の価格になった時点で追加入札はしてなかったんですよね。そりゃ、液晶ワレなんてのは安く手に入るんですが、液晶単体で出品されているのを後から付けるとなると、割高になっちゃうし。

そういう経緯があって、今晩も入札していたわけです。そうしたらHDDなしのCF-R3DC1AXSってのを4万未満で落札しちゃった…

落札した2004年5月に発売されたPanasonicLet’s note CF-R3DC1AXS(←リンク先はPDF)は法人仕様の代物(末尾がRならば個人向け)なので、リース上がりかも知れんが、外観はそれほど痛んでなさそう。HDDを固定する部品も付いているので、ちょこっとHDDを加工すれば装着できる。というのも、バッテリーの駆動時間を延ばすために、Let’s note CF-R3のHDDは5V駆動ではなくって3.3V駆動なんですよね~。だから2.5inchHDDのピンを2本折ってしまえば使えます。無線は内蔵されてないが、必要ならばUSBかPCカード、それか内蔵のカードを手に入れて加工すればイイかな。なんといっても必要十分なスペックにファンレスってのが魅力的。

さっそく明日にでも入金することにします。