カテゴリー : DIARY_2003

緊急車両と取り締まり。

昨日、電気シェーバーを買いに行く途中で、一台の原付が白バイ二台にはさまれて停車させられていた。おそらくスピード違反だと思う。年末だから気をつけないといけませんね。
と言う話をしていたら、今日親父が車を運転していると白バイが交差点の信号が赤になる前にサイレンを鳴らさないで進んで・・・(長いので省略)。しかし、ふと考えてみると、白バイやパトカーは取り締まりをするとき(追尾など)には、たとえ制限速度を超えたりしていてもサイレン鳴らしてないような気がしませんか?停車させるときは別にして。

それで気になって、最近よくお世話になってる法令データ提供システム道路交通法道路交通法施行令を調べてみた。

まず緊急車両は道路交通法施行令第14条で『・・・・・緊急の用務のため運転するときは、・・・・・サイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない。』となっている。これは現場へ急行する緊急車両のことですよね。
それでは緊急車両ではないスピード違反なんかの取り締まりの際のパトカーはどうなるんでしょう。俺の経験ではサイレンと赤色灯を回しながら追尾されたことなんてないです。これ点けちゃうと追尾なんて出来ませんよね。ヘッドライト消してるヤツもたまにいましたが・・・。
道路交通法第41条では『もつぱら交通の取締りに従事する自動車で内閣府令で定めるものについては、第十八条第一項、第二十条第一項及び第二項、第二十条の二並びに第二十五条の二第二項の規定は、適用しない。』とある。ここには緊急車両という言葉は出て来ていないので、つまり交通違反取締り中のパトカーはサイレンと赤色灯は点けなくてもよいということでしょうか?
実は先ほどの道路交通法施行令第14条にも続きがあり、『ただし、警察用自動車が法第二十二条 の規定に違反する車両又は路面電車(以下「車両等」という。)を取り締まる場合において、特に必要があると認めるときは、サイレンを鳴らすことを要しない。』とある。これは要するにスピード違反を取締りる場合、パトカーの中の誰かさんが鳴らさないほうがイイと判断すれば、OKということですね。
そうか!!ここでサイレンは鳴らさなくてもよいとあるけれど、赤色灯は点けなくてもよいとはされてないので、いざと言うときの為?に最近道路を警邏中のパトカーは赤色灯を真昼間から点けてるのか?

以上のことから、あくまで俺の考えで判断すると、今日親父が見たという白バイがもしも交通違反者を追いかけ始めた瞬間だとすると、なんら問題ないとされる可能性大なんでしょうね、きっと。

電気シェーバー

bs5770←新型–Flex XPII(BS5770)

15年物←旧型–system1-2-3 universal GT(BS5569)

約15年間使ってきたBRAUNの電気シェーバーの充電池が最近イカれてきたのでシェーバーを新調することにした。さすがドイツの機械だけあって15年間毎日使って、しかも故障なしとは正直驚きです。まだまだ充電コードをコンセントにつないで直接電源をとれば現役で使えます。今回も長く使う為に朝からBRAUNの製品を物色しました。BRAUNのHPを熟読してめぼしいものをマークし、価格.comで最安値を調べ、いざ店頭へ。
まずはミドリ電化へ行って見てみると広告の品シールが輝くブラウン フレックス XPII 5770が税込みポッキリ価格で¥9,500で、フレックス XPII 5775だと¥12,000だった。本当はフレックス XPII 5765あたりが狙い目だったんだがどこも置いてなかった。

フレックス XPII 5775とフレックス XPII 5770の違いは充電が必要になったら充電催促ランプっていうのが点くか点かないかの違いで、フレックス XPII 5770とフレックス XPII 5765の違いは電圧がAC100-240V電圧自動切換かAC100-120Vの違い。要するに海外で充電出来るか出来ないかの違い。
この3タイプはいずれも充電交流式なので充電しながらでも髭をそる事が出来るが、これより下のランクになると充電式(充電しながら使用することが出来ない。)になってしまう。これが出来ないといざと言うときに不便だし、今まで使ってたヤツはこれが出来て、しかも電圧も自動切換だったので男の悲しいサガでランクダウンするわけにはいかない。

それにしてもネット通販の最安値が税抜き、送料、手数料ぬきで¥8,600のことを考えると、ミドリ電化のフレックス XPII 5770は安い。その後同じミドリ電化の他店舗や八千代無線なんかも回ってみたが結局一番安かった最初の店に戻り、フレックス XPII 5770を購入することにした。

今回の買い替えで、首振りヘッドになり、刃が1枚刃から3枚刃になり、水洗いが可能になった。かなりのバージョンアップだが、年月を考えると当然かな。

申の絵

今日は年賀状を作ろうかと思い考えているんだが、なかなかいい絵柄のアイデアが浮かばない。猿から連想するもの・・・、う~ん・・・、あかん。
とりあえず住所の確認からいってみよう!
ということで喪中の葉書が来た人と、俺が知ってる範囲で身内に不幸があった人をリストから除いて、住所変更も訂正してと・・・、終わり。

・・・やっぱり絵柄が決まらん。スパッと決まる年と決まらん年があるんだけど、今年は後者かな。とにかくリミットまで1週間ぐらいあるので気長に考えよっと。

猿と言えば、和歌山の白浜にある椿温泉の野生猿公園の猿たちがリストラされるそうな。今現在も休園中なのですが、約250匹いる猿を10年かけて100匹以内に減らした上で野生に戻すそうです。俺が友人たちと行ったのは確か1999年でしたが、当時もかなりワイルドな猿たちが我が物顔で歩いてましたからね。ちょっかい出すとファイティングポーズするし・・・。

椿温泉の猿←これがファイティングポーズ直前の写真。

神戸ルミナリエ

luminarie1998

今年も今日から神戸ルミナリエ始まりましたね。第1回目から5~6年行ってる私ですが、初日の点灯式だけは一度も行ったことがありません。一度はカウントダウンしてみたいんですがねぇ。

最近は東京丸の内でも似たようなのがあるそうで、ミレナリオっていうらしいです。写真を見るかぎり二番煎じですよね、やっぱり。ミレナリオ・・・、しっかしルミナリエという単語を頭が覚えてるせいか呼びにくい名前だね、こりゃ。

正直なところ毎年のように見ていると新鮮味がなくなってしまうのですが、キーンと冷え切った六甲山からの冷たい風が吹き降ろすなか、三井住友ビルの前の聖歌隊の賛美歌を聴き、さらにおごそかな音楽を聴きながら光のアーチをくぐるのは、心が洗われる気がしないでもない。
ルミナリエせんべいはどうかと思うが・・・。

もし会場に行くことがあれば、写真載~せよっと。

()上の画像はMOの中を探したら見つかった1998年度のルミナリエのデジカメ画像。確かこれデジカメ買って初めて使った日だと思う。
それで実は↓が今年のルミナリエです。

luminarie2003

綺麗な方(肩)。

川井郁子

先日、見たことある綺麗な人がテレビに映ってるなぁと思っていたんですが、川井郁子さんでした。そのニュース映像は550万かけて作った世界初の耐熱ガラス製のヴァイオリンを、川井郁子さんが演奏してお披露目しているものでした。ヴァイオリンが主役のはずなんですが、上の写真ではついつい綺麗な肩と腋に目がいってしまいます・・・。しかも以前より綺麗になってるし。

そうそう、なんで見たことあるのかっていうと、俺ってばこの人のCD持ってるんです。実は以前に紅茶のLiptonのCMに東儀秀樹さんと一緒に出ていたのを見て、たまたまHMVに立ち寄った時に衝動買いしてしまった代物なんですが、気に入って今でもたま~に聞いてます。ヴァイオリンとかピアノとか詳しくないし、自分ではもちろん弾けないんですが、何故かこの種の音楽を俺は買ってしまいますね。そういえば村治佳織たんのCDも家にあったような気がする。

それはそうと、昔はCD買う時って歌手で買っていたんだけど、最近オムニバスアルバムを買ったり、TVのCMで聴いて買ってみたりと、買い方が変わってきたなぁと思ったんですが、時代の移り変わりの速さに連動して自分も飽き性になってきたんですかね、やっぱり。