カテゴリー : DIARY_2008

こんにゃくゼリー

兵庫県の幼児がこんにゃくゼリーを食べて窒息死した事故で、野田聖子消費者行政担当相は2日、製造元のマンナンライフ(本社・群馬県)の鶴田征男会長らを内閣府に呼び、再発防止策の徹底を要請した。同社は(1)外袋の警告表示を大きくする(2)小分けのミニカップ容器に新たに警告を表示する(3)外袋に「凍らせると詰まりやすくなる」との表示を追加する--などの改善策を説明した。

こんにゃくゼリー:幼児事故死で製造元に再発防止を要請 – 毎日jp(毎日新聞)

この問題に消費者行政担当相がなぜ出てくる?
パフォーマンスとしか思えない…
この世の中、喉に詰まるものであふれていると思うけれど…

たしかにこの商品を食べて亡くなった方にはお悔やみを申し上げる。

だからといって、マンナンライフの責任かっていうと、そうじゃないだろう?
あんなもんを凍らせて幼児に食べさせること自体がNGだと思うのだけれど。
危険な食べ方をするほうにこそ注意の呼びかけをしないといけないんじゃないのか?

安全に対して敏感なのはいいけれど、少し方向が間違ってるんじゃないの?って事が最近多すぎる。危険な遊具ってことでジャングルジムが撤去され始めた頃からの傾向なんだよなぁ。

人間には危険回避って能力があるわけで、これってのは人から教えられたり自分の経験から得たりするもんだと思うのだけれど。
危険を撤去された世の中でこれが身につくのか甚だ疑問なんだよなぁ。

GT-R

昨日ホームセンターへ向かう途中で、公道を走るGT-Rを初めて見た。

GT-R

オレの車の前を走ってたわけですが、歩道をあるくお兄さん、おっさん、お姉さんまでガン見してました。
道路工事現場の側を通ると、ローラー動かしてるおっさん、ユンボのおっさん、交通整理のおっさん、順番に振り返ってまで見てました。

極端な発進、急制動に耐えながら、ずっとバカでかいオシリと太いタイヤばかり見てたオレ。
色んな意味で堪忍袋の緒が切れて、左車線へ移動後にGT-Rの前に出た。

するとフロントマスクも恐ろしいほどの存在感…
後ろからズンズン迫ってくる感じ。
いや…何も煽ってから抜いたんじゃないですって!!お願い…やさしくして…と謝りたくなるほどの迫力。

あんなもん日本の公道で乗るもんじゃないでしょ、走りづらくて仕方ないだろうなぁと思うのはオレだけ?

ヘッドライト黄ばみ一掃計画 その一

ランクスの右側ヘッドライトの黄ばみが半端じゃなくなってきたので、いいかげん何とかしようと動き出したわけです。
まずはネットで情報集め。

ヘッドライトの透明カバー部分(黄ばんでいる部分)はポリカーボネート(PC)樹脂を使った小糸製作所製。
これはどうやら、表面に紫外線対策を施してあるらしいが、経年変化(5、6年ぐらい?)で剥がれ出すと一気に黄ばんでくるらしい…
この黄ばみが除去出来るかどうかは磨いてみないとわからんらしい。
磨いて綺麗になっても、表面を何らかの方法でコーティングしてやらないと2週間ほどで再び黄ばむらしい(汗)

東向きに駐車してるので右目は直射日光を浴びまくり、左目は5年前ぐらいに正面から事故られた時に交換してるので、それほど黄ばんでないってワケか。

某巨大掲示板に「ヘッドライトの黄ばみ」ってスレがあって、そこの住人たちによると金属磨きの「ピカール」がイイらしい。「ピカール」っていえば倉庫に入ってたかなぁと思いつつ、ホームセンターに買いに行った。
ところが金属磨き類がおいてあるコーナーを探しても一向に見つからず、
「金属磨きってどこにありますか?」
と若めの女性店員さんに聞いてみると、
「ピカールなら2階に…」
と商品名を言ってないのに教えてくれた。「ピカール」恐るべし。
2階って事務用品とか家具、カー用品じゃなかったっけかと思いつつ、2階でまたまた店員さんに
「金属磨きのピカールってどこにありますか?」
と聞いてみると、
「???、下にあると思いますけど…」
と言いつつ連絡用のPHSで聞いてくれたら、なんとカー用品の補修コーナーに置いてあった(汗)一番小さい180gを購入。

そして、表面コートに関しては、「プレクサス」ってのとか、SOFT99の「ウレタンクリアー」ってのもイイみたいなんだけれど、SOFT99の「ナノハードクリアー」を買ってみた。「ウレタンクリアー」は長持ちするらしいけれど、使う前に缶の中で2液を混ぜ合わせるタイプなので、320mlで2800円を一回使い切りらしい。

ピカール

ここで一つ厄介なのがヘッドライト自体がASSY(assembly)なこと。
複数の部品が接着されて出来ているので、ヘッドライトユニットを簡単に分解することは出来ない。
だからそれこそ交換するとなると、ヘッドライトユニットをごっそり交換しないといけないらしい。
最近の電気製品にしろなんにしろ、ASSY化すると組み立てる側からすると人件費削減でコストダウンにつながるのだろうけど、そのぶん修理する側からするとコストは高くなるんよなぁ。
ってことで、表面からは磨けても内側は無理かぁ。
バルブを外して、布を付けた針金を穴に通して磨くってのも一つの手らしいけれど…そんな事出来ません。

とにかく「ピカール」さんに頑張ってもらうことにした。
いや、頑張るのはオレか…
磨きだして数分後…雨が降ってきた。
でも、下の写真をご覧あれ。

落ちた黄ばみ

茶色い部分が磨いて削り落ちたと思われる黄ばみ部分。
確かに表面は綺麗になりそうなので、後日しっかりと磨いてみます。

稲刈りデー

今日は朝からバリバリ農作業デーでございます。

稲刈りといっても大半は機械でやるんですが、ウチの田圃は山裾の川沿いにあって、一つの田圃がそれほど広くなくって、しかも段々になってるのよね。
だから、隅っこの方や四隅は稲刈り鎌を使って手で刈ってやらないといけないワケ。

これが以外とキツイのよね。

今年は…ある方のミスで雑草生えまくり。
稲の高さと同じくらいの高さの雑草が、稲の株と株の間にモッサリと生えた状態。
んなもん刈れません…
そんな状態の田圃がひとつ。
ある方は頑固にも機械で突進。
目詰まり撃沈…

アホかと…
その後も果敢というか、恐れ知らずというか…突進!!
撃沈…
まだやめず突進…

時間はすでに昼の2時半。

「ええ加減にして、他の田圃を先に刈らんと日が暮れるで!!」
と言うと、ムキになってまたしても突進。
あえなくコンベアー部分に雑草が詰まりまくり、ベルト部分がすべり白煙をはき撃沈…
ベルトがかなり損傷…

そうこうしてる間に、田圃の中にマムシ見参!!
(以下、蛇嫌い注意!!)

マムシ

囲い込んで動向を見守っていると、あえなく稲刈り機に後頭部を刈られ即死。
いや~今年は見ないなぁと思っていたら、恐ろしいところに出てきやがった(恐)
手で刈っているときに出てきてたら、オイラは病院行きですた(汗)

バッテリーがヘタってきた

携帯電話に、デジカメ、iPod…
あらゆるバッテリーがヘタってきやがった。

iPodに関しては、ほぼ一年中といってもいいほど車載して使っているので、劣悪な環境なうえ放充電の頻度が半端じゃないので、ヘタるのは時間の問題だなぁと思ってたんですがねぇ。webで安い充電池を買って、iPodを分解して換装してもイイんだけれど、車の中で火をふかれると困るからなぁ。

デジカメもそろそろかなぁと思ってたら、最近急激にヘタってきた。
充電して一日使うと電池切れサインが出るようになってしまった。
これは近々買い換えようかなぁ。

同じく携帯電話。
これも1年半使っているので、当然と言えば当然。
通話すると一日もたない…
バッテリーを買うか、新しく買い換えるか。
うむ~