カテゴリー : DRAMA

悲劇

月9の『プライド』今日は15分過ぎから見ました。まさに悲劇じゃないですか。血がブワーっと広がっていきましたね。ぱっくり大和の頭が割れたんでしょうか?次回予告編を見る限り死んではいないようなのですが、その鮮やか過ぎる血の広がりが今日の見所でしたね。エスカレーターを大和が落ちるシーンを見ていて、昨日の『えるえる』で飲んでるとき、女性店員さんが俺の座っていた席(お誕生日席)後ろの通路で、足を床板にとられて激しくクラッシュしていたのを思い出しました。俺のわき腹をつまみながらの転倒するアクションだったんですが、立ち上がった後の『痛~い!』の声が印象的でした。俺も痛かった、彼女が手に何も持ってなかったのが不幸中の幸いでした。もし持っていたら、俺が頭からかぶってたかもね。でも絶対に膝っ子僧に青あざ出来てますね、痛そーっ。
それはさておき、今まで大和が百合を騙し通せていたのも不思議過ぎるのですがね。

それより次回予告編では亜樹の右目の上に傷が出来てたような気がするのですが、気の小さいみみっちぃ男、夏川に殴られるんですかね。まさかね・・・。

浮気しよっかな

snapshot021601.jpgついにこうなりました。数年前に離れ離れになったアキの彼がデザイナーとして海外で成功したらしいのでアキの元に戻ってくるのか・・・。実を言うと今日は30分過ぎから見始めたのであんまり内容は分かりません。

なんだかんだ言っても、しっかり見てしまっている自分がいるのも確かだな。コレをキムタク効果というのか・・・。

snapshot021602.jpg途中からも実はこっちを見ていたりして・・・。これはちなみに裏でやってる『恋する京都』っていうNHKのドラマなんですがね。京都八坂神社近辺の風景と鶴田真由は時代を超えて綺麗だなと思って見てました。当然かもしれませんが、着物は背が低いほうが似合いますね。今日のゲストは雛形あきこで、鶴田真由と二人、和服姿で並んで歩くシーンがあったのですが、違いは歴然としていました。

月9 え~っと何回目だっけ。

maybe・・・5回目かな。なんだかなぁ・・・、あのハルって役はもうちょっと重みをつけたほうが良いのではと思うのですがね。今回のドラマはキムタクの演技ではちょっとばかし軽すぎる気がします。特に今日の遺族とのシーンとアイスホッケーの試合前の気合を入れているシーンを見ていて思いました。考え方が古いんかなぁ。だって『QUEEN』使ってるんだから、もうちょっとねぇ。アメリカのアイスホッケー映画『miracle』でも現在CMで『QUEEN』の『We Will Rock You』が使われているそうです。こっちは冷戦さなかの1980年のオリンピックでの実話を元にした話なので重みがあるのではと思います。

Happy Together

happy_together

今、読売テレビで放映されていて韓国では1999年に放送され40%弱の視聴率を記録した、非常に複雑な絆をもった家族のドラマです。何が複雑かというと、連れ子テプン(イ・ビョンホン)を持つ父親と連れ子3人チャンジュ(チョ・ミンス)、ジソク(ソン・スンホン)、ムンジュ(カン・ソンヨン)を持つ母親が再婚し、再婚後に一人の子供ユンジュ(チョン・ジヒョン)が生まれ、その後両親が亡くなり、子供達はバラバラになってしまった。しかし、再び運命の糸が家族を結びつけ始めるっていう話。
その他の登場人物にはジソクの恋人で、しかもテプンにも好意を抱かれるスハ(キム・ハヌル)、ジソクに好意をもつ同僚で検察官のチェリム(ハン・ゴウン)、そしてユンジュに恋心を抱く青年シニョプ(チャ・テヒョン)です。

韓国のドラマは何本か見てるんですが、これは豪華メンバーですよ。って言っても知らないか?
まずイ・ビョンホンは南北を分断する38度線での出来事を描いた映画『JSA』で主役の青年兵長役でした。ソン・スンホンはドラマ『秋の童話』(このドラマもかなり複雑な家庭環境だったな、そういえば)で主役のジュンソ役でした。チョン・ジヒョンとチャ・テヒョンは大ヒット映画『猟奇的な彼女』で主役の2人を演じてます。
そしてそして、このドラマでやたらと可愛くて綺麗なのが映画『リメンバー・ミー』の主演女優であるキム・ハヌル。『リメンバー・ミー』の時も可愛かったですが、今回は保母さんという役どころといいホンマかわいいです。

今週木曜(2月5日)時点で第5話が終わったところなんですが、編集が独特なのか少しテンポにのれないんですよねぇ。やたらと話の展開も速いです(飛びすぎやろそれはとか言いたくなります)。しかしながら、今の日本のドラマでは見ることが出来ない(すんごいPureな)雰囲気が漂っていて、ある意味で懐かしい感じのするドラマです。


続きを読む

日⇔韓共同制作ドラマ

中越典子チョ・ヒョンジェ

昨日の夜やってた『STAR’S ECHO ~あなたに逢いたくて~』をPCで録画しておき、今日観たのでその感想。この企画、去年は米倉涼子を使って撮ってましたね。今年は日本側からは現在『プライド』に出演中の女優、中越典子が出演しています。初のドラマ主演だそうで、たまにみせる緊張してるっぽい微妙な笑みが初々しかったです。黒谷友香がエロさ爆発のOL役で出ていましたが、韓国の人から見た日本人女性の印象ってこんな感じなんでしょうか?韓国によくお買い物に行く女の子たちの話を聞いてるとなんとなく分かるなぁ。

日本人の女の子も韓国人の女の子も基本は同じですね。ただ倫理観はぜんぜん違うのでしょうが・・・。高校が舞台になった日本のドラマが韓国で放映された時、「なんで高校教師と生徒が恋愛感情を抱くんだ!」と抗議が殺到したそうですので。

このドラマの感想。うーん、いまひとつかな、どうもソンジェの彼女チヨンの役どころがイマイチ中途半端なような気がします。一度はソンジェを振っときながら、わざとソンジェの寝ているベッドに潜り込んで、訪ねてきた美咲に嫌がらせをするシーンとか。でも韓国の女優さんたちのちょっとすねたような表情や意地悪する時の表情ってカワイイんだよなぁ。

ソンジェの弟のチャンギュが学校のロシアの教授のPCに”侵入”してGETした星の音を聞かせるシーン、なんとなく意味は分かるんですが天文台の電源を入れたPCのモニタには『SETI@home(日本語はこっち)』の画面が・・・。俺のPCでも動いてます。

setiathome
↑こんな感じで。

あらすじは続きに書いときます。完全にネタバレですので気をつけて・・・。
続きを読む