脅威を検出しました…

Android 端末を購入当初は、ウィルス対策に AVG の Anti-Virus Free を入れてたんですが、数週間前に ESET Mobile Security for Android Beta を入れて全体スキャン後、不具合もなく動いているようなので放置。

他にも無料で使えるものがあるので試してみようかと ESET をアンインストール。ちなみに OS が 2.2 以上の場合は、ヘルプにも書いてあるとおり、本体の「設定」→「位置情報とセキュリティの設定」→「デバイス管理者を選択」から ESET を外しておかないとアンインストール出来ません。

そして カスペルスキーモバイルセキュリティ 9 をインストールして、スキャンを走らせてみると…

オイオイ…

なんか検出しましたよ…
カスペルスキーさんが脅威を検出しました...

はてさて、どこから紛れ込んだんだコイツは。

IS04 がサクサク状態に…

OS アップデートアプリ

1時過ぎに修正アップデートが終わり、Android 2.2 へのアップデートを開始。
アップデート用ファイルは PC でダウンロードしたものを、すでに MicroSD カードへと転送済みなのでスムーズ。
アップデート開始 続きを読む

IS04 のOS を Android 2.2 へアップデート

au のスマートフォンアップデートサイトでついにアップデートが告知された。

Android 2.2 へアップデートするには、先日一時的に公開され、その後に不具合が見つかり…即刻公開停止されていたアップデートの修正バージョンをインストールせねばならない。「端末情報」で「ベースバンドバージョン」が「5015.1907.xx」(xx は任意の数字) であることが必須条件。

で、今それを実行中なのですが、やはりコレまた時間かかりますなぁ…
11時に下の状態。
アップデート進行度 0%

前回のアップデートも数時間かかりましたからねぇ、覚悟はしてましたが。
深夜0時前で下の状態…
深夜0時前で20%

(前回プログレスバーが 0% から数十分の間、全くすすまないのでついイラッときて一度強引に再起動させちゃいました…良い子は絶対やっちゃダメです。)

メーカーのアップデート解説サイトを読むと、Android 2.2 へのアップデート方法は2通りあるみたい。

  1. 携帯の Wi-Fi を使ってアップデートアプリをインストール後にそのアプリがデータをダウンロードして、そのままアップデートになだれ込む方法。
  2. データのダウンロードは PC を使い、USB ケーブルなりなんなりでデータを本体の MicroSD カードに転送してから本体のアップデートアプリでアップデートする方法。

今回は迷わず PC でデータをダウンロードすることにします。
さきほどデータだけダウンロードしたところ、Zip ファイルで約 295MB ありました。

はてさて、いつになったらアップデートできるやら…

RMA 申請した HDD 到着

土曜日の朝、シンガポールからの HDD を、予想通りクロネコさんが届けてくれました。
中国経由で到着した大きな箱

UPSの追跡情報では、2日にシンガポールから送り出された HDD は、中国を経由して3日に大阪に着いている。
UPSの追跡情報 続きを読む

シンガポールからのHDD

今日の正午過ぎ、シンガポールの Seagate さんから HDD を出荷したよメールが来ました。
2日もすりゃ届くかなぁ。

とりあえず、SSD にぶち込んだ Windows 7 さん、快調に動いてくれてます。
彼は彼なりに色々 SSD に合わせた設定を仕込んでくれる訳ですな。SSD というやつは書き換え可能回数に制限があるので、デフラグの自動実行が無効化されているのと、あまり意味が無いであろう Superfetch が無効化されているのを確認。

あと、あまりに激しい書き換えが起こるもの(例えばTempフォルダとか…)は HDD に移動しておきたいわけで…でも Program Files フォルダとかまで移動すると SSD にした意味がないなぁと思いつつ。その都度、数 GB 単位でファイルを書き換えている休止状態やハイブリッドスリープなんかも切らないとなぁ。でも停電したら TV の番組予約がなぁとか…そのへんはバランスが大事かなと。

シンガポールから新しい HDD がやってきたら、User フォルダやら、ProgramData フォルダなんかを HDD 側にインストールする設定を、コマンドプロンプトから操作しながら再インストールだなこりゃ。

おそらく、こんなことを考えるのも、最初のうちだけだとは思うんだけれどもね。